スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

寿命(1) 

そもそもあなたの『寿命』は分からない。
私の『余命』も分からないのだ。

寿命を延ばすということを確実に遂行することは誰もできない。そこを本気で考え医療に接しなければ、とんでもない過ちを犯すことになる。

とか、マジメに言っても誰の興味もそそらないのは知ってるよー。

平均寿命』くらい知ってるよね?一応2003年のOECDデータでみると、日本人は長生きだね。
何でこんなに生きているの?男性78.4歳、女性85.3歳。

保健制度にもかかわるので一概には言えないが、平均寿命はある程度の医療水準の国なら1人あたり保健医療支出とは相関ははっきりしない。つまり金出せば長生きできるわけではないようだ。
医者がみているのは5年生存率改善だったり、合併症の予防だったりするわけで『寿命自体をみているわけではないんだよ。本当は。
だって分からないから。

これは非常に重要なこと!それにまつわる小話でもしようか?とも思ったが、面倒だから止めとくか。

続く、かもしれない。


ranking! ポチっと押してください

チェック! 米山博士の『脳年齢・脳的お仕事診断』


スポンサーサイト
[ 2006/11/02 00:34 ] 医療小話 | TB(0) | CM(2)

コメントありがとうございます

>> 人間の本質を見つめる方へ 様

非常に啓蒙的で示唆に富んでおり、私のこの『適当な』BLOGを苦々しく思ったことでしょう。
御気分を損ねてしまっていたら申し訳ありません。

コメントありがとうございました。
[ 2006/11/03 05:23 ] [ 編集 ]

ブログ拝見させていただきました。もしよかったら私のサイトもご覧ください。

『私は一方では障害を認め、受けとめるべきだという立場を取り、一方では(医学的な)知識と裏づけで障害を防止しようとする立場を取る。
 どんな表面的な言葉を並べたてても、私の中でこの戸惑いが消えることはない。“障害を妨げられるのなら、妨げた方がいいにきまっている”という暗黙の了解がどこかにある限り、本当の意味で人間社会が人類のもつ多様性を認めることはできないのではないだろうか』http://blog.livedoor.jp/tarotohachinosu/
[ 2006/11/02 14:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

T-Back

この記事のT-BackのURL
http://tadanobushimada.blog77.fc2.com/tb.php/30-4a7f5bd4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。