スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高齢者医療費負担改定 

ちなみに2006年10月1日より高齢者自己負担率は変更してまーす。区分は4つです。

現役並み所得者
負担割合=3割
自己負担限度額*外来(個人)=44400円
自己負担限度額*外来+入院(世帯)=80100円+医療費が267000円を超えた場合は、超えた額の1%加算
食事代=260円

一般
負担割合=1割
自己負担限度額*外来(個人)=12000円
自己負担限度額*外来+入院(世帯)=44400円
食事代=260円

低所得者Ⅱ
負担割合=1割
自己負担限度額*外来(個人)=8000円
自己負担限度額*外来+入院(世帯)=24600円
食事代=210円

低所得者Ⅰ
負担割合=1割
自己負担限度額*外来(個人)=8000円
自己負担限度額*外来+入院(世帯)=15000円
食事代=100円
*現役並み所得者の判断基準
課税所得145万円以上かつ
高齢者が一人の世帯で収入が383万円以上
高齢者が二人以上の世帯で収入の合計が520万円以上
  
*低所得区分Ⅱの判断基準
世帯員全員が住民税非課税の人
  
*低所得区分Ⅰの判断基準
世帯員全員が住民税非課税であって,かつ世帯員全員について、各所得が必要経費・控除を差し引いた後の所得がいずれも0円の人


まぁ、よくある金を取れるところからはとりあえず取っとけ、みたいなこと。

ranking! ポチっと押してください

米山博士監修『脳年齢・脳的お仕事診断』



スポンサーサイト
[ 2006/10/22 11:16 ] 医療経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

T-Back

この記事のT-BackのURL
http://tadanobushimada.blog77.fc2.com/tb.php/23-67be31ff



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。