スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CTの数 

以前に頭部CTを含む小話をした。
日本は自動車をはじめメーカーの強い国。機械が好きな国民です。

それを反映してかなぁ、人口あたりのCTスキャナーの数は世界的にみて、群を抜いて多い。しかも半端な多さじゃない!
2002年のOECDのデータでは人口100万人あたりのCTスキャナー数がOECD加盟国平均17.6台であるのに対して、日本は92.6台!
5倍以上ですよ。
米国の7倍、OECD加盟国内で2番目に多い韓国(結構意外)の3倍となる。

多すぎるよ、これって。
この背景には医師・病院の嗜好以外にもやはりそういう圧力、言ってみれば『CTがない病院は流行らない』的な考えが横行しているんじゃないか?

そして、医師はこれがあると『やらなければならない』感覚に陥り、医療費がかさむ。
スポンサーサイト
[ 2006/10/24 16:40 ] 医療経済 | TB(0) | CM(0)

高齢者医療費負担改定 

ちなみに2006年10月1日より高齢者自己負担率は変更してまーす。区分は4つです。

現役並み所得者
負担割合=3割
自己負担限度額*外来(個人)=44400円
自己負担限度額*外来+入院(世帯)=80100円+医療費が267000円を超えた場合は、超えた額の1%加算
食事代=260円

一般
負担割合=1割
自己負担限度額*外来(個人)=12000円
自己負担限度額*外来+入院(世帯)=44400円
食事代=260円

低所得者Ⅱ
負担割合=1割
自己負担限度額*外来(個人)=8000円
自己負担限度額*外来+入院(世帯)=24600円
食事代=210円

低所得者Ⅰ
負担割合=1割
自己負担限度額*外来(個人)=8000円
自己負担限度額*外来+入院(世帯)=15000円
食事代=100円
[ 2006/10/22 11:16 ] 医療経済 | TB(0) | CM(0)

ジェネリック医薬品(2) 

心地いい響きの『ジェネリック医薬品』についての公正取引委員会の調査結果が先日、発表になった。
消費者の31%が絶対後発品派、65%が場合によっては後発品派と圧倒的なシェアだった。
一方、絶対先発品派は3%にとどまる。やっぱりねぇ、気づいているわけですよ、消費者は。
これに対して医療サイドは85%が安全性に不安だって。やれやれ。
先発品を持っているメーカーがその原因になるような噂を流しているとか、いないとか。既得権益を侵される気分でしょうか?
[ 2006/10/13 10:44 ] 医療経済 | TB(0) | CM(0)

ジェネリック医薬品(1) 

『ジェネリック医薬品』っていいよね。
ちょっと前まで医療界では『ゾロ』とか言われてバカにされてた。
最近、この後発医薬品が脚光を浴び、バカにできなくなってきた。
外来でも『後発品でお願いします』とチョクチョク言われる。

勤務医として日本国民として、さらに製薬会社の株式を保有していない者としては非常にいいです。ジェネリック。
開業医や病院経営に関わる方は嫌でしょうけどね。
[ 2006/10/12 10:02 ] 医療経済 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。